電話加入権とは

もし自宅に固定電話を引っ張ってくる場合には、施設設置負担金という料金をNTTに対して支払う必要があります。
一般的には「電話加入権」と呼ばれるものがそれです。
電話加入権についてですが、2005年までは、75600円もしました。
しかし見直しが行われ、現在では、37800円ということで、半額の価格で提供されています。
しかしそれでも3万円を超える額の費用の負担をしないといけません。
電話加入権が必要になってくるのは、引越しなどをして、新居を構えたときが多いのではないでしょうか?
引越しをするということになると、賃貸の場合には敷金や礼金といった初期費用のねん出が必要になります。
購入した場合でも、住宅ローンの返済とか、各種税金の支払いなど、これまた出費がいろいろとかさむところがあります。
そのうえ、引越しの費用もいろいろとかかってきます。
できることなら無駄な費用は払いたくないという人もいるでしょう。
そこで、ライトプランという方法を活用してみることをお勧めします。
ライトプランというのは、別に電話加入権を購入しなくても、固定電話を使って、通話することができるサービスのことを指します。
ただしライトプランの場合、262.5円、よけいに支払わないといけません。
電話加入権が37800円となっていると紹介しました。
これで計算をしていくと、144カ月以内しか電話を使用しないという場合には、ライトプランの方がお得になります。
賃貸で暮らそうと思っている人は、ライトプランも検討してみましょう。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加