FAXの機能

FAXをしようするために、固定電話を自宅で所有しているという人も多いかと思われます。
現在では、このFAXですが、いろいろな機能が付いてきていますので、せっかくですから、使いこなすようにしてみるといいでしょう。
まずFAXの内容について、液晶で表示されるようになっているものも登場してきています。
FAXの中には、メールや新聞の折り込みチラシのように、ダイレクトメールのような宣伝のFAXが送られることもあります。
そのようなFAXまで、いちいちプリントアウトをしていると、紙やインクの無駄遣いになってしまいます。
そこで、まずFAXに着信があると、その内容が液晶の画面上に表示されるのです。
そして内容を確認して、プリントアウトをする必要があるかどうかということを判断することができるわけです。
ですから、紙やインキの無駄遣いを防ぐことができるようになります。
また最近では、SDカードやLANといった通信手段が、ケータイやパソコンをするときに重宝しています。
こちらをFAXに使うことによって、より便利にFAXが使用できるようにすることも可能なのです。
たとえば、LANやSDカードを使って、受信したデータをパソコンやテレビ画面に表示させるということもできます。
こうすれば、より大きな画面で、FAXに書かれている内容について、確認をすることができるようになります。
また受診をしたデータを保存したいという場合には、SDカードにはデータの保存機能が付いていますので、この中で保存をすることもできます。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加