通話機能について

最近では、いろいろな機能をもった固定電話が登場してきています。
たとえば、骨伝導というものを使って、通話することができるような電話も出てきているといわれています。
骨伝導というのは、音の振動を利用して、情報を伝える性質のことを言います。
音は振動によって、聞こえるメカニズムになっていることは、広く知られていると思われます。
そこで、音の振動を骨に伝えることによって、相手が何を言っているのか、聞き手が認知できるようにしたものを指します。
ほかにも、ヘッドセットをつけることができるような固定電話も登場してきています。
ヘッドセットは、ちょうどヘッドフォンのような感じになっていて、安宅のところにかけるような仕組みになっています。
そして片耳もしくは両耳にイヤホンが付いています。
そしてヘッドセットを装着すると、ちょうど口元のところにマイクが来るようなレイアウトになっています。
このため、耳で相手の話している内容を聞き、口元のマイクで、自分の言いたいことを相手に伝えることができます。
ヘッドセットを使うことによって、両手が空いた状態で、電話を使って通話をすることができるようになります。
ですから、例えば、仕事中にパソコンなどを使って作業をしている場合、電話がかかってきたとしても、パソコンなどのデスクワークを続けながら、電話の方にも対応ができるようになるわけです。
もし効率的に作業をしたい人にはおススメの機能です。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加