IP電話に関して

IP電話という言葉をどこかで聞いたことがあるという人も多いかもしれません。
IP電話は従来の電話のように、電話回線を利用して、いろいろな人と通信をするシステムではありません。
IP電話のIPというのは「インターネットプロトコル」の略称のことを指します。
つまり、インターネットの回線を電話で通話するときのように使用をするサービスのことを言います。
IP電話ですが、いろいろなスタイルの通話の方法があるといわれています。
まずは、普通の電話をするときのように通話をするシステムのことを言います。
見た目は、電話で今までどおりに通話をしているような感じになります。
もちろん、現在市販されているような電話器を使って、情報のやり取りをすることができます。
しかしこの場合、電話器の先に、専用のモデムを装着して、会話をする必要があります。
またほかのIP電話の通話のスタイルとして、パソコンを使って通話をするというシステムもあります。
こちらは、通常のパソコンを使っているのと同じような感じになります。
パソコンでインターネットをする場合には、LANケーブルなどをモデムに接続をして、それで情報のやり取りをするかと思われます。
これと同じシステムを導入しています。
ただしこの場合、専用のヘッドセットがありますので、それを装着して、そしてIP電話のサービスを提供しているサイトの方にアクセスをして、それで通話をするという形になります。
後は、電話で普通に通話をする感じで話すことができるでしょう。
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加